自粛中のゴールデンウィーク

f:id:matilibrary:20210504092710j:plain

秋田県湯沢の鯉のぼり

5連休のゴールデンウィークにコロナ禍で自粛といっても、外に出たい気持ちは抑えられない。夫と二人で人が少ない観光地を求めてドライブ。

 

鳴子温泉郷の鬼首(オニコウベ)から、秋田県湯沢に抜けて、道の駅「おがち 小町の郷」を目指す。秋田県はコロナウィルス感染者が少なく、他府県からの観光客を歓迎しない雰囲気だが、観光業も対策しながら運営しないと経営が難しくなってきている。

道の駅でレストランに入ったら、検温・消毒・マスク着用・アクリル板の設置と予防対策はバッチリでした。

小町の郷ということで、売店では「小野小町」絵本が販売されていて、購入して読んでみました。

f:id:matilibrary:20210504093935j:plain

絵本小野小町

秋田県雄勝町小野小町の生誕の地ということで、「小町の国」が編纂されたようです。楊貴妃・Cleopatra・小野小町世界三大美女と呼ばれる割に、謎が多く、学校でも日本文学史で「六歌仙」として歌人としか教わりません。生徒に何をした人と聞かれても困る人物です。絵本も伝説の一つにすぎず、フィクションですが、ありえない話ではないでしょう。永遠の処女と言われていますが?

謎が多いのと、妖しい歌に想像が膨らみます。

f:id:matilibrary:20210504094719j:plain

小安峡温泉

道の駅を後に、湯沢ICから398号に入り、秋田と宮城の県境にある「小安峡温泉」で立ち寄り湯。気温が一桁で寒かったので、ゆっくり温まりました。♨温泉旅館も自粛の関係で閑散としており、ご覧の通り写真が撮れるということは、貸切でした。

秘湯ですが、水回りはリノベーションされており、清掃も行き届いて清潔感があって気持ちよく利用させていただきました。

紅葉の季節の栗駒山は人人人で、宿泊も取りづらいので、ここは穴場かなと秋に思いをはせていました。湯沢は秋田でも豪雪地帯で、秘湯中の秘湯かもしれません。

新緑と残雪のコントラストが美しい景色を露天風呂から眺めながら、瀧の流れる音を聴くという最高のリラクゼーションを体験しました。

f:id:matilibrary:20210504095819j:plain

栗駒山

帰りは、栗駒山を望みながら、宮城県栗原市に入り、湯浜峠で景色を楽しんで帰宅。日帰りのミニトリップでしたが、グルメと温泉を楽しみました。心と身体のメンテナンスができました!(*^^)v

20年ぶりに教職に復帰しました!

f:id:matilibrary:20210411072713j:plain

桜が満開です。

 4月1日から1年間、中学校へ育休講師として働くことになりました。

学校図書館畑で20年やって来たので、担任を持って国語を教えるのは

20年ぶりです。浦島太郎のような気分です。

特にPCでの報告書作りに悩まされています。

データがどのファイルに入っているのか、探すのが一苦労です。

見つからなくて、自分で作った方が早いということが度々!

それでも、4月8日(木)に、始業式・入学式を満開の桜の中、

行われて、生徒さんと出会うと楽しくなりました。

学校のことは生徒さんの方がよく知っているので、教えてもらいながら

学び合いがスタートしました。

 

f:id:matilibrary:20210411073506j:plain

栗駒山

「まちライブラリー@岩出山」の開館ができなくなるかも? と、思いましたが

部活は美術部の顧問で、土日には活動がないので、

かろうじて休日だけ開館できそうです。

読書の傾向も変わりそうです。

今までは、「読書メーター」というサイトで読みたい本を探していましたが、

中学生の国語の教科書に「本の世界を楽しもう」という紹介ページがあって、

面白い本が紹介されています。『すてきなひとりぼっち』谷川俊太郎著や

『ジヴェルニーの食卓』原田マハ著など、50冊弱の本が薦められています。

ten.tokyo-shoseki.co.jp

f:id:matilibrary:20210411074255j:plain

樅ノ木は残った

この1年は、森林療法も近場でしかできないようです。

でも、家の周囲には史跡や自然豊かなところが、たくさんあるので、

時間を見つけては、散策して自然観察などで癒されたいと思います。

 

朝7時に出勤して、夕方7時に帰宅するという年度初めの激務ですが、

読書は私のエネルギーなので、子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。

陸羽東線「みのり文庫」をつくりたい!

f:id:matilibrary:20210314113446j:plain

写真は長野県茅野駅に隣接する「まちライブラリー@My Book Station 茅野駅」です。

5年前に移住したときから、岩出山で紹介された借家で「まちライブラリー@岩出山」を開設して、今日、蔵書数が1000冊を超えました。本を通じた交流をすることが目的でした。自分の本を置くのではなく、利用者さんと本を通じたコミュニケーションができたらいいなと思って開設しました。実際には外出していることが多く、休日も森林インストラクターのイベントやアロマ関連の仕事で出かけることも多いのですが、休みの日には、午前9時~午後3時まで開館しています。

www.osaka-monorail.co.jp

「まちライブラリー@岩出山」を開設した当初、二つやりたいことがありました。

一つは、大阪の豊中市で仕事をしていた時に、知った「大阪モノレール文庫」にならって、陸羽東線の各駅に「みのり文庫」をつくりたいと思っていました。

茅野のように、駅に隣接したものではなく、駅のホームに本棚を置いて、利用者さんが、どの駅で借りても返してもいいようにしたいなと、思っていました。

大阪のモノレール文庫は、寄贈本で成り立っていて、本の寄贈は大阪モノレールが受付して、管理と整理はボランティアさんがやっています。

各駅を担当するボランティアさんがいて、いつもきれいに整理されていて、見やすく利用しやすいです。駅での待ち時間にふっと借りて、降りた駅ですっと返す。図書館まで、わざわざ行かなくても、そこで見つけた本を隙間時間に読むだけでいいのです。

f:id:matilibrary:20210314113506j:plain

写真は東京駅で同じく5年前に撮影したものです。

まちライブラリーは、公共図書館ではないので、蔵書構成はそれぞれの図書館で自由に考えればいいのです。「まちライブラリー@岩出山」の場合は、こけしに関する絵本と同時に実際のこけしを飾っています。また、お酒の本のコーナーには、ウィスキーや地元の森民酒造で買った古酒を飾っています。(中身は飲んだ! ( ´艸`) )

それぞれの地域の特性が表れるといいなと思ってレイアウトしています。

 

もう一つの「やりたいこと」は、

岩出山で「一箱古本市」を開催することです。

移住してきた年(2016年)に、道の駅で開催したいと、道の駅の理事さんや社長さんに相談しましたが、知名度が低く、客を呼べないという理由で却下されました。

岩出山には、最古の学問所「有備館」があり、私設図書館をつくろうと思ったのと同時に、「一箱古本市」が本を通じた交流の場になると考えたのですが、今だに実現していません。滋賀に帰りたいとホームシックになり、痛みや病気という形で現れたりしました。滋賀にいたら、仲間と集まって、すぐにでも開けたと思うのですが、一人の力では限界がありました。 何人かの知りあいを誘ってみたのですが、とりあってもらえませんでした。「滋賀でやったら? 帰ったら?」と、言われてしまいました。

大きなイベントでなく、「まちライブラリー@岩出山」の周辺で、夫の勤務する「NPO法人しんりん」から、足湯カーを借りて、試しにやってみようかな?と、ひそかに思っています。

f:id:matilibrary:20210314121238j:plain

読書メーター」というサイトで繋がった全国の読友さんの協力を得て、実現したいと思っています。

http://www.librize.com/places/1797

「まちライブラリー@岩出山」のHPで、蔵書検索できますので、遠くの方も

読みたい本がありましたら、お手持ちの本と交換しますので、メールか電話でご連絡ください。ご利用、お待ちしております。

まちライブラリー@岩出山の蔵書構成

f:id:matilibrary:20210306094958j:plain

マザーポート珈琲で読書

職場の図書館から借りてきた本をカフェで読んでいます。

 読書メーターというサイトで、読友さんに薦めてもらった

『愛なき世界』三浦しをん著です。

実は、朝6時に夫が出勤した後、朝読書が習慣になっています。

夢中になって読むと仕事に遅れてしまうので、笑えるエッセイを読んでいて、

最近は、三浦しをん著『ビロウな話で恐縮です日記』『乙女なげやり』など、

小説からは想像できない大爆笑エッセイにハマっていました。

そんな中、三浦しをん小説を薦めてもらって、

なんか、ビビビッときて、さっさく借りてきました。

bookmeter.com

f:id:matilibrary:20210306095921j:plain

Library NAVI  読書感想文を書くために

写真は学校図書館に置いていた「ライブラリーナビ」です。

まちライブラリー@岩出山にも置いています。

蛇腹に折った読書案内ですが、携帯電話サイズで手に取りやすいので、

中高生に好評でした。神奈川県の高校の学校司書さんが考案して

商標登録されています。学校図書館問題研究会で研修受けて以来、

活用させていただいています。

蔵書紹介にパスファインダーの代わりに作っています。

まちライブラリー@岩出山の蔵書の紹介にも使っています。

f:id:matilibrary:20210306100513j:plain

まちライブラリー@岩出山の蔵書を紹介しながら、気づいたのは

ミステリー系がほとんどないということです。

私が人が死ぬ、おどろおどろしい小説が嫌いで読まないし、

類友ではないですが、まちライブラリー@岩出山にきてくださる

利用者さんも、寄贈書にミステリー系がないからです。

でも、幅広い利用者さんに来てもらうために

今年から、ミステリーも読んでみて、配架しようと思います。

ミステリーについても、先ほどの「読書メーター」で情報を収集しています。

f:id:matilibrary:20210306101046j:plain

キンメダイの鯛めし

写真は3月3日のひな祭りにつくった「キンメダイの鯛めし」です。

料理本は、かなり充実しています。

レタスクラブは年間購読しています。他にも寄贈の雑誌も多数あります。

今日は何にしようかな? と、思ったら、

ちょっと立ち寄って、ご利用ください。

ふらりと立ち寄れる私設図書館にしていきたいです。

蔵書数、3月6日現在、965冊になりました。

1000冊を今年中に達成したいと思っています。

本の寄贈もよろしくお願いします。

本と引き換えにコーヒー or ハーブティーと交換しています。

現在、花粉症対策ティーを提供しています。

本日、午後3時まで開館中。 

今日のまちライブラリー@岩出山

f:id:matilibrary:20210221084855j:plain

おはようございます(^.^)/ 本日、まちライブラリー@岩出山 開館の日です。

本日、午前9時~午後3時まで開館します。

今日は先日、ショーウィンドウを展示替えしたので、店内紹介をします。

まず、BGMは先日販売になった『岩出山物語 純愛』を流しています。

歌詞が入っていますが、抒情歌なので、気にならないかと思います。

普段は、ちょっと気取ってjazzを流しています。ビル・エバンスが好きなので、「ワルツ・フォー・デビー」を昨日は流していました。

岩出山物語』は、youtubeで、リゾートみのりのラストランの映像と共に見ることができます。

https://www.youtubu.com/watch?v=3gJe6XgmT-o

f:id:matilibrary:20210221090848j:plain

ショーウィンドウを久々に展示替えしました。陽ざしで本が焼けてしまうので、

展示するものに悩みました。収集している「こけし」と鳴子温泉にある

お菓子と喫茶「たまごや」さんから頂いた「こけしカレンダー」、消耗品の読書関連雑誌、手づくり絵本や文房具。 今回は「文庫本ガチャガチャ」も飾りました。

展示に使っている段ボールの展示だなは、石巻まちの本棚であった「一箱古本市」に出店した際に使っていたものです。

私設図書館なのに、雑貨屋さんのような展示になってしまいました。

通りがかりの人に以前から、「ここは何屋さんですか?」と聞かれます。

まちライブラリー自体は全国組織なのですが、立ち話で仕組みを説明するのは

難しいので、パンフレットもありますので、どうぞ立ち寄って実際にご覧ください。

f:id:matilibrary:20210221090907j:plain

文庫本ガチャガチャです。カプセルの中に文庫本を模したポーチが入っています。

ファスナーを開けると、中に名作が印刷されていて、ブックカバーにもなります。

まちライブラリー@岩出山は、利用者さんの寄贈本で運営しています。

本を1冊持ってきていただくと、コーヒーかハーブティーと交換します。

文庫本ガチャガチャは現在4個しかありませんが、寄贈本と交換も可能です。

f:id:matilibrary:20210221093938j:plain

滋賀から取り寄せている「珈琲豆」

利用者さんに提供するコーヒーは、守山の「山本珈琲倶楽部」から、毎月20日に送ってもらっています。山本珈琲ブレンド・長澤スペシャル・その月のお奨めコーヒーの三種類です。最近は、コロナ禍の影響でコーヒーを図書館内で飲むのを避けたい利用者さんもいらっしゃるので、「山本珈琲倶楽部コーヒーBAG」をお持ちかえりいただいたり、瓶の再利用で私がブレンドしたハーブティーを瓶に詰めてお持ち帰りいただいたりしています。今日は、長澤スペシャルと花粉症対策ティーを提供しています。

f:id:matilibrary:20210221084938j:plain

本以外にも、夫の好きなクラシックカーのポスターや美術展の案内、栞やブックカバーの展示もしています。なかには寄贈本と交換できるものもありますので、

お気軽に、お申し出くださいね!

f:id:matilibrary:20210221084743j:plain

遅々として進まない確定申告の書類を作りながら、お待ちしております。

本の話をしませんか?




 

寄贈本ありがとうございます。

f:id:matilibrary:20210130110844j:plain

まちライブラリー@岩出山は、利用者さん同士の本を貸し借りして、感想を交換し交流を目的として運営しています。

本の情報を得るために「読書メーター」というサイトを利用していますが、

そこで知り合った「読友さん」から、最近、たくさんの本を寄贈していただきました。

今回はご自身の写真集を寄贈していただきました。

写真集に収録された写真絵葉書も一緒に送っていただき、展示しました。

f:id:matilibrary:20210130111255j:plain

一部ですが、花の幻想的な写真から、シャボン玉、仏像の写真とニュアンスの違う

写真が全部で、17枚 ぜひ直接手に取ってご覧いただきたいです。

愛用のカメラ オリンパスの「PEN-F」が 写真家の PEN(ペン)?ネームです。

 

1月も終わりなので、2月立春に合わせて、春の展示に替えていきたいと

思っています。ショーウィンドウの展示替えがメインになりますが、

絵画(複製画)も、展示している読書グッズ(ブックカバーや栞)も日に焼けて

色褪せてしまいます。展示を本ではなく、ネイチャーグッズにしようかと

考えていますが、私設図書館の内容を表すのは難しいです。

とりあえず、「春」のものを集めて展示して行こうと動き出しました。

本日、明日ともに、朝9時~午後3時まで開けています。

本日のコーヒーは、ペルーです。

本の話をしに来ませんか?

まちライブラリー@岩出山 金曜夜の開館中

f:id:matilibrary:20210122191527j:plain

今年から、毎週金曜日の夕方5時~8時まで「まちライブラリー@岩出山」を開館しています。入口とショーウィンドウのスポットライトも点灯してみました。

入口にぬいぐるみの「メロンちゃん」が椅子に座っていたら、開館の合図です。

明日の土曜日午前中、ハンドメイド石けんをつくるので、その準備をしながら、

来館をお待ちしております。

f:id:matilibrary:20210122192052j:plain

明日は、花粉症対策ハーブティーの試飲も行います。

玄米茶に、エキナセア・エルダーフラワー・ネトルの3種をブレンドして

朝昼夕食時と寝る前に飲むと、花粉症の時期、症状がかなり緩和されるようです。

エルダーフラワーはイギリスでインフルエンザの特効薬と言われているハーブです。

ネトルは体質改善に、エキナセアは免疫力向上に役立つと植物療法講座で学びました。ハーブだけだと青臭くて飲みづらいので、玄米茶にブレンドして有効成分を摂取します。飲み続けられるか、試飲してみませんか?

まちライブラリー@岩出山では、本を寄贈していただくと、

コーヒーかハーブティーをお出ししています。

怪しいハーブティーは敬遠するという方には、市販のハーブティーフレーバーティーもご用意しています。

 

明日、土曜日は午前9時~午後3時まで開館します。

お気に入りの1冊を探しに、ふらりとお立ち寄りください。